Amazonベストセラー第1位獲得
累計1万人以上の不登校家族が参加した講演会
不登校教育20年以上3000名以上を再登校
Arrow
Arrow
Slider
Amazonベストセラー第1位獲得
累計1万人以上の不登校家族が参加した講演会
不登校教育20年以上3000名以上を再登校
Arrow
Arrow
Slider

プレジデントファミリーや新聞取材多数

不登校の中学生・高校生をお持ちのあなたへ

“今から具体的にあなたのお子様を動かす方法やこれからどうやって対応していけばいいのかについて全てお話ししますので、最後まで読んでくださいね。

 

はじめまして、
私は三重県にある不登校教育研究所の代表をしています、青田進です。

 

私は25年前に初めて不登校の子供を受入れてから、
今までに約3317人の不登校生徒を再登校させてきました。
そのうち91.1%が大学進学しています。

 

ここ7年間は毎年200名以上の不登校生徒が入学して、
毎日不登校生徒を教育しているのですが、その経験から不登校の子供を
学校へ通わせる具体的な方法を築き上げる事ができました。

 

その不登校教育の成果から私の学校は、
3年連続で文部科学省の教育改革推進プログラムに認定されました。

”朝なかなか起きず、腹痛・頭痛を訴えて

学校を休み始める不登校の子

「起きなさい!学校に遅れるわよ!」

 

と、大きな声を張り上げて子供を怒った経験が
あるかもしれません。

 

しかし、どれだけ言っても抵抗するばかりで、
全く効果はありません。

 

「学校でイジメられたのかもしれない。」

 

と思って、学校の先生に相談しても
「学校では楽しそうにしていましたよ。」と言われてしまう。
まったく解決策が見つからず、子供はただ抵抗するだけで
何も話そうとしない。

 

もしかしたら体のどこかが本当に悪いのかもしれないので、
病院に行って検査をしても何も見つかりません。

 

「これは精神的な事が原因かもしれません。」と、
お医者さんに言われて最後に心療内科に行く事になります。

 

診察を受けると自閉症スペクトラム・アスペルガー・小児うつ・
起立性調節障害・ADHD・軽度発達障害などと診断され、
薬を処方されたかもしれません。

 

しかし、

”なぜ、心療内科・カウンセラーに相談しても

不登校は解決しないのか?

「子供さんは、40度の熱があるのと同じですから、
少し子供さんを休ませて下さい。ちょっと疲れただけです。」

 

と、言われた事ありませんか?

 

そして、専門家の先生たちに言われるがまま子供を休ませる事にしたら、
解決するどころか学校から完全に遠ざかってしまい、
1週間の休みが1ヶ月になり、3ヶ月を過ぎ、半年以上になってしまいます。

 

「学期・学年が変わったら行くだろう」

 

という淡い期待も始業式の朝には消えてしまいます。

今までに、スクールカウンセラー・心理カウンセラー・適応指導教室
児童相談所・教育センター・フリースクール・不登校専門の家庭教師・・・
の方々に相談をされてきたかもしれません。

 

しかし、はっきりした原因も見つからないのでこれらの専門家に相談しても
解決の糸口さえ見つからなかったのではないでしょうか?

 

あなたは不登校の子供が持つ共通点を知っていますか?

  • 真面目、素直
  • おとなしい
  • 人間関係が苦手
  • 完璧主義、ゼロか100か
  • ワガママ
  • 理屈っぽい
  • 嫌いなことから逃げる
  • 感情の波が激しい

青田先生が20年以上の不登校教育を通じて発見した
他の子にない不登校の子供特有の共通点がこれらです。


もちろん、全ての項目が当てはまるわけではありませんが、3つ以上は当てはまるはずです。

”不登校の「真の原因」と解決策とは?

「青田先生、周りに合わせるのが嫌だったんです。」

 

中学時代に不登校だった女子生徒が高校3年生の卒業前、
青田先生と話している時に言った言葉です。

 

「あ~、そうか!」と青田先生は思ったそうです。

 

どうしても不登校の原因を見つける事が出来なかったのですが、
この一言ですべてが繋がったそうです。

 

不登校の子供は小・中・高校生で約20万人いると言われています。
これだけの子供たちが学校へ行かないのは世界でも日本だけしかありません。

 

これらをヒントにして、様々な教育学・心理学・脳科学などの本を
読み漁り研究してきた青田先生が不登校の真の原因を見つけました。
そして、そのための解決法を実践して実験を繰り返してようやく完成したのです。

 

青田先生の学校には年間で約200人近くの小学校・中学校・高校で
不登校になった子供たちが入学してくるのですが、全体から見ればわずか1%です。

 

より多くの不登校の子供をお持ちのご家族を支援する為に、
青田先生がこれらの不登校の真の原因と解決策を
具体的にわかりやすくまとめた小冊子を作って
全国の不登校ご家族へ配布されるようになったのです。

<<50名様限定>>

1万人の不登校ご家族に読まれている

不登校小冊子を無料で差し上げます!

内容の一部を紹介すると・・・

 

  • 子供が不登校になった3つの理由(ワケ)
  • 多くの不登校家族が実践したある解決法とは・・
  • 不登校の期間が長くなると起こる大問題とは
  • 日本でだけ不登校問題が起こっている理由
  • 1人で部屋にいる時に子供が考えている事
  • 不登校1ヶ月目のてんびん心理状態とは
  • ある有名カウンセラーの先生が言った本音とは
  • 中学出席ゼロだから早稲田大学合格の理由
  • なぜ高校でも再び不登校になってしまうのか
  • 心の底から「○○へ行きたい!!」と願う不登校生
  • 不登校の将来とは?(文部科学省データより)
  • 3年間不登校の子供を再登校させる7ステップとは
  • 精神安定剤にすぐに駆け込もうとする家族の心とは
  • 不登校の子供を心療内科に行かせるべきか
  • 不登校生でも出席日数をもらえるカラクリ
  • 子供の不登校から逃げる人たちとは

【A5版 48ページ】

無料小冊子お申込みの3ステップ

ステップ1:お申込みボタンをクリック

『小冊子無料プレゼントのお申し込みはこちら』ボタンをクリックしてください。

ステップ2:お申込みフォームへ記入

お申し込みフォームにあなたのお名前、住所、メールアドレス。
また、お子様の学年や性別の入力もお願いいたします。
最後に送信ボタンをクリックしてください。

ステップ3:1週間前後で到着

「お母さん、ありがとう。」

 

お子様からそう言われるまで、私はあなたと一緒に頑張ろうと思っています。
それでは、今すぐ不登校小冊子を申込んで読んで下さい。
必ずお子様は再登校して、元気に学校生活を楽しんでくれますよ!

 

あなたとお子様に幸せが訪れる事を願っています。

追伸:
不登校小冊子は現在までに1万冊以上を無料でお配りしております。
本来なら送料も含めて790円を頂かなければならないのですが、
慈善活動として今回だけ50名の方に無料でお届けさせて頂きます。
ご安心下さい。

 

そこで50名に達した時点で有料にさせていただく予定にしております。
今日中に申込みがいっぱいになる可能性がありますのでご注意ください。

 

申込みページが開いているうちにお申込み頂ければ手に入れる事ができます。
今まで分からなかった「不登校の子への接し方や声掛けフレーズ」を学んで下さい。
今すぐ不登校小冊子を手に入れるにはここをクリックして下さい。

プレジデントファミリー
新聞取材多数

不登校のお子様がいるあなたへ

“今から具体的にあなたのお子様を動かす方法やこれからどうやって対応していけばいいのかについて全てお話ししますので、最後まで読んでくださいね。

 

はじめまして、私は三重県にある不登校教育研究所の代表をしています、青田進です。

 

私は25年前に初めて不登校の子供を受入れてから、今までに約3317人の不登校生徒を再登校させてきました。そのうち91.1%が大学進学しています。

 

ここ7年間は毎年200名以上の不登校生徒が入学して、毎日不登校生徒を教育しているのですが、その経験から不登校の子供を学校へ通わせる具体的な方法を築き上げる事ができました。

 

その不登校教育の成果から私の学校は、3年連続で文部科学省の教育改革推進プログラムに認定されました。

”朝なかなか起きず、

腹痛・頭痛を訴えて

学校を休み始める

不登校の子

「起きなさい!学校に遅れるわよ!」

 

と、大きな声を張り上げて子供を怒った経験があるかもしれません。

 

しかし、どれだけ言っても抵抗するばかりで、全く効果はありません。

 

「学校でイジメられたのかもしれない。」

 

と思って、学校の先生に相談しても「学校では楽しそうにしていましたよ。」と言われてしまう。まったく解決策が見つからず、子供はただ抵抗するだけで何も話そうとしない。

 

もしかしたら体のどこかが本当に悪いのかもしれないので、病院に行って検査をしても何も見つかりません。

 

「これは精神的な事が原因かもしれません。」と、お医者さんに言われて最後に心療内科に行く事になります。

 

診察を受けると自閉症スペクトラム・アスペルガー・小児うつ・起立性調節障害・ADHD・軽度発達障害などと診断され、薬を処方されたかもしれません。

 

しかし、

”なぜ、心療内科・

カウンセラーの先生に

何度、相談しても

不登校が治らないの?

「子供さんは、40度の熱があるのと同じですから、少し子供さんを休ませて下さい。ちょっと疲れただけです。」

 

と、言われた事ありませんか?

 

そして、専門家の先生たちに言われるがまま子供を休ませる事にしたら、解決するどころか学校から完全に遠ざかってしまい、1週間の休みが1ヶ月になり、3ヶ月を過ぎ、半年以上になってしまいます。

 

「学期・学年が変わったら行くだろう」

 

という淡い期待も始業式の朝には消えてしまいます。

 

今までに、スクールカウンセラー・心理カウンセラー・適応指導教室・児童相談所・教育センター・フリースクール・不登校専門の家庭教師・・・の方々に相談をされてきたかもしれません。

 

しかし、はっきりした原因も見つからないのでこれらの専門家に相談しても解決の糸口さえ見つからなかったのではないでしょうか?

 

あなたは不登校の子供が持つ共通点を知っていますか?

  • 真面目、素直
  • おとなしい
  • 人間関係が苦手
  • 完璧主義、ゼロか100か
  • ワガママ
  • 理屈っぽい
  • 嫌いなことから逃げる
  • 感情の波が激しい

青田先生が20年以上の不登校教育を通じて発見した他の子にない不登校の子供特有の共通点がこれらです。


もちろん、全ての項目が当てはまるわけではありませんが、3つ以上は当てはまるはずです。

”不登校の

「真の原因」と解決策は?

「青田先生、周りに合わせるのが嫌だったんです。」

 

中学時代に不登校だった女子生徒が高校3年生の卒業前、青田先生と話している時に言った言葉です。

 

「あ~、そうか!」と青田先生は思ったそうです。

 

どうしても不登校の原因を見つける事が出来なかったのですが、この一言ですべてが繋がったそうです。

 

不登校の子供は小・中・高校生で約20万人いると言われています。これだけの子供たちが学校へ行かないのは世界でも日本だけしかありません。

 

これらをヒントにして、様々な教育学・心理学・脳科学などの本を読み漁り研究してきた青田先生が不登校の真の原因を見つけました。そして、そのための解決法を実践して実験を繰り返してようやく完成したのです。

 

青田先生の学校には年間で約200人近くの小学校・中学校・高校で不登校になった子供たちが入学してくるのですが、全体から見ればわずか1%です。

 

より多くの不登校の子供をお持ちのご家族を支援する為に、青田先生がこれらの不登校の真の原因と解決策を具体的にわかりやすくまとめた小冊子を作って全国の不登校ご家族へ配布されるようになったのです。

<<50名様限定>>

1万人の不登校ご家族に

読まれている

不登校小冊子を無料で

差し上げます。

【A5版 48ページ】

内容の一部を紹介すると・・・

 

・子供が不登校になった3つの理由

・多くの不登校家族が実践したある解決法とは・・

・不登校が長期化すると精神病に?

・日本だけ不登校問題が起こっている理由

・部屋にいる時に子供が考えている事

・不登校1ヶ月目のてんびん心理状態とは

・ある有名カウンセラーが言った本音とは

中学出席ゼロから早稲田大合格の理由

・なぜ高校で再び不登校になるのか?

・心の底から「○○へ行きたい!!」と願う不登校生

・不登校の将来とは?(文部科学省データより)

・3年間不登校を再登校させる7ステップ

・精神安定剤にすぐ駆けむ家族の心とは

不登校を心療内科に行かせるべきか?

・不登校でも出席日数をもらえるカラクリ

・子供の不登校から逃げる親とは

無料小冊子お申込み

簡単3ステップ

ステップ1:お申込みボタンをクリック

『小冊子無料プレゼントのお申し込みはこちら』ボタンをクリックしてください。

ステップ2:お申込みフォームへ記入

お申し込みフォームにあなたのお名前、住所、メールアドレス。また、お子様の学年や性別の入力もお願いいたします。最後に送信ボタンをクリックしてください。

ステップ3:1週間前後で到着

「お母さん、ありがとう。」

 

お子様からそう言われるまで、私はあなたと一緒に頑張ろうと思っています。それでは、今すぐ不登校小冊子を申込んで読んで下さい。

 

必ずお子様は再登校して、元気に学校生活を楽しんでくれますよ!

 

あなたとお子様に幸せが訪れる事を願っています。

追伸:
不登校小冊子は現在までに1万冊以上を無料でお配りしております。

 

本来なら送料も含めて790円を頂かなければならないのですが、慈善活動として今回だけ50名の方に無料でお届けさせて頂きます。ご安心下さい。

 

そこで50名に達した時点で有料にさせていただく予定にしております。今日中に申込みがいっぱいになる可能性がありますのでご注意ください。

 

申込みページが開いているうちにお申込み頂ければ手に入れる事ができます。

 

今まで分からなかった「不登校の子への接し方や声掛けフレーズ」を学んで下さい。

 

今すぐ不登校小冊子を手に入れるにはここをクリックして下さい。